ピピナナ&真木野聖コラボレーション企画 第7弾

『Twitter DE コラボ Part4』
  〜ピピナナ&真木野聖 作〜

◆◆<1>真木野聖◆◆
小鳥の鳴き声で気分良く目覚めた。
トレーラーハウスを開けると、外には雨上がりの輝かしい緑が光っていた。
俺は思わず深呼吸した。
新鮮な空気が喉を通って全身に回って行く感じが好きだった。
だからトレーラーは森の中に停めておく事が多い。
小鳥達が何やら会話を交わし果実を突ついている。
★2017.07.28★

◆◆<2>ピピナナ◆◆
俺はコーヒーを淹れる事にした。
芳醇な香りが辺りに立ち込める。
黒褐色の液体を飲むと、身体がシャキッとした。
さて、何かお腹に入れておくか。
トーストにベーコンエッグ、簡単なサラダ。
おっと、昨日市場で仕入れたオレンジも忘れちゃいけねえ。
パンくずは小鳥達にあげるとしよう。
★2017.07.28★

◆◆<3>真木野聖◆◆
オレンジは1つはそのまま、もう1つは絞って新鮮なジュースにする事にした。
その最中にパンがトースターから弾けるように踊り出た。
こんなにのんびりした時間も悪くねぇ。
毎日が切迫した日々を送っているからな。
いつ呼び出されたっておかしくねぇんだ。
贅沢な気分を味わうのも乙な物だな。
★2017.07.29★

◆◆<4>ピピナナ◆◆
腹ごしらえを終えた俺は考えた。
さて、これからどうするか。
迷う時間も贅沢だ。
だが、それを破るように遠くからエンジン音が鳴り響いてきた。
こんな静かな朝に何て事だ。
俺はイラついた。
エンジン音は段々と近付いてくる。
そしてトレーラーハウスの前で止まった。
一体誰だ?
★2017.07.30★

◆◆<5>真木野聖◆◆
エンジン音は車じゃねぇ。
バイクだろう。
だとすれば来たのは健かジュンか、って処だな。
こんなに早くに一体何の用事があるってんだ。
ノックの音がした。
俺は羽根手裏剣を口に咥えて一気にドアを開けた。
「おいおい、朝から物騒だな」
やっぱりだ。
予想通り、現われたのは健の奴だった。
★2017.07.30★

◆◆<6>ピピナナ◆◆
一体何の用だ、こんな朝早くに?
俺は訊いた。
昨夜は雨の音で眠れなくてね。
健が言った。
だから何だって言うんだ?
眠いんだ、寝かせてくれ。
奴はベッドに倒れ込んだ。
は? どういう事だ。
何でここ?
何で俺のベッド?
俺は健が身体に巻き付けている毛布をひっぱがした。
★2017.07.30★

◆◆<7>真木野聖◆◆
何をするんだ?!と健。
居心地が良いのは解るが迷惑だから帰りやがれ!と俺はこいつを突っぱねた。
確かにあいつの飛行場とは違って、森の中はとても穏やかで癒される空間だ。
だからと言って、俺がこいつに寝場所を提供する謂れはねぇ!
小鳥達が俺が撒いたパン屑に群がって来て賑やかになった。
★2017.07.30★

◆◆<8>ピピナナ◆◆
その様子を見ていた健は、じゃあ朝飯でいいやと宣った。
腹が空いてるんだと捨てられた子猫のような目で俺を見る。
じゃあとは何だ、じゃあとは。
俺はおめえのお抱え料理人じゃねえ。
だが、あんな目で見られると断れねえ。
仕方無く俺は冷蔵庫の中を漁った。
健は嬉しそうにテーブルについた。
★2017.08.01★

◆◆<9>真木野聖◆◆
俺はパスタを茹でた。
遠方に出掛けた折に纏め買いして来る極上のソースを使った。
但し見掛けでは解らねぇようにタバスコをズバズバと掛けた上で健に出した。
旨そうに喰いやがる。
俺にはその事が意外でもあり計算外の事だった。
俺の所でタダ飯などねだるからだ、と言ってやりたかったのによ。
★2017.08.01★

◆◆<10>ピピナナ◆◆
旨かった、ご馳走さん。
パスタを全部平らげると、健は満足そうに言った。
何だ、こいつ。
味音痴か?
不思議に思っている俺を見て健は笑った。
何だお前、俺が辛いものが得意なのを知らなかったのか?
ちっ。
長い付き合いなのに失念していたぜ。
じゃあ一体何が苦手なんだ?
★2017.08.01★

◆◆<11>真木野聖◆◆
俺が思うにはツケの請求をされる事だな。
任務中に口笛で誤魔化していやがった。
おい、コーヒーでも飲みに行かねぇか?
眠気も覚めるだろうぜ、と俺は食器を片付け乍ら言った。
いや、此処で飲む。
この野郎何処まで俺に甘えやがる!
流石に堪忍袋の緒が切れて、俺は殴り掛かろうと拳を握った。
★2017.08.01★

◆◆<12>ピピナナ◆◆
おいおい、暴力はごめんだぜ。
健は俺の殺気を感じたのか、先回りして言った。
この野郎〜。
俺は握りしめた拳をほどいた。
一体、健はどうしちまったんだ?
今日の健はおかしい。
いい歳した大の男が何を甘えてやがる。
おい、今日が何の日か忘れたのか?
健が俺に訊いた。
えっ?
★2017.08.01★

◆◆<13>真木野聖◆◆
こいつの誕生日じゃねぇ事は解っている。
一体何だと言うんだ?
どう考えても誰の誕生日でもねぇ。
すると健が言った。
今日は初めてカッツェが攻撃を仕掛けて来た日だぜ。
俺達は1年掛けてまだ奴らを倒せてないんだ。
雨の音で眠れなかったんじゃねぇのかよ?
そんな事考えてやがったのか。
★2017.08.01★

◆◆<14>ピピナナ◆◆
俺はちょっとだけしんみりしてしまった。
親父さんを亡くした今でもまだギャラクターを倒せてない事にイラついているんだな。
しかし、それでは健が俺に甘えて来る理由にはならねえ。
気が弱くなってるのか?
俺は何とか健を励まそうと考えた。
こんな時は走るのが一番だ。
俺は健を誘った。
★2017.08.01★

◆◆<15>真木野聖◆◆
俺は黙って親指をグイっとG−2号の助手席に向けた。
乗れって言うのか?と問う健に頷いて見せた。
荒っぽく運転席に乗り込むと俺はアクセルを踏み入れた。
勢い良く飛び出して行く。
健はこんな事に怯える男ではねぇが少し驚いた様子だった。
俺はサーキットまで奴を連れて行くつもりだった。
★2017.08.01★







★今回のコラボの感想★
  (コラボ期間:2017.07.28〜08.XX)

<ピピナナ>

〜感想記入欄〜


<真木野聖>

〜感想記入欄〜









inserted by FC2 system